「ゲーム人口拡大」の波は海外へも広がる
2008.04.26

先日、任天堂は2008年3月期の決算を発表した。
ウチはこれくらい利益を出してますよ、という説明だ。

全体的にとても好調で、過去最高の業績を上げたそうだ。
DSはあいかわらず好調だし、Wiiのスタートも好調なので
当然の結果かもしれない。

今日、岩田社長の講演が文章と動画で公開された。
それを見ると、DSもWiiも特に海外で人気が高いことがわかる。
「脳トレ」や「Wiiスポーツ」で普段はゲームになじみがない人にも
普及した流れがアメリカとヨーロッパでも起きている。
その流れは日本よりも海外のほうが強いみたいだ。

こんなに調子がいいと、次世代機にバトンタッチするのが
難しくなりそうだけど、それを考えるのはまだ早そうだ。
Wiiはもちろん、DSもまだまだ現役だろう。

今後の展開はあまり語られなかったが、
ソフトのダウンロード販売サービスの「Wiiウェア」が
海外でも始まるというあたりが興味深い。
評判のいいゲームは任天堂が翻訳してくれるのだろうか。
外国語表記のままでダウンロードさせることはしないと思う。

任天堂サイト内、会社情報のページ
http://www.nintendo.co.jp/corporate/index.html
4月25日付で、2008年3月期決算の情報が掲載されています。


この記事へのコメント

ǤŷƲ - tapioka - 2008年04月26日 17:24:17

前回は久しぶりのコメントなのに挨拶もなく、失礼しました。
任天堂が好調なのはニュースで知って、いつものごとく頭の片隅に残っている程度だったのですが(去年の株価3位くらいからずっといわれていることですし)、親がこのニュースを知っていてびっくりしました。なにやらワイドショーや新聞で大きく扱われていたようで。これからは任天堂は、ソニーに並ぶ日本が世界に誇る企業として世間に認識されていくのかもしれないですね。

海外も - 斎太郎 - 2008年04月26日 21:04:49

tapiokaさん、あいさつの有無なんて問題ないですよ。
コメントしていただけるだけでありがたいです。
過去最高の業績だったということで、一般紙でも
経済欄以外で扱う場合があったみたいです。
知名度は当然上がると思いますが、国内よりも
海外のほうが影響が強いかもしれないですね。
あまり任天堂の商品が売れていなかったイギリスでも
DSやWiiの人気が高いらしいので。

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...