<映画>「スパイダーウィックの謎」
2008.04.26

<ネタバレなし>
今日封切りの映画を観てきた。
主人公の古い親戚によって書かれ、封印されていた「妖精図鑑」を
解放してしまったために少年少女が騒動に巻きこまれる話。

主人公の古い親戚は世界に実在する妖精の生態を調査し、
1冊の本にまとめた。しかしそれは悪い妖精に狙われることとなり、
長く封印されてきた。その封印を主人公が解いたことで
本を狙う妖精に襲われることになる。
本を奪われれば悪い妖精に世界が支配されてしまう。

字幕版を観たかったけど、遅い時間しかやっていなかったので
しかたなく吹き替え版を観た。内容はなかなか面白くて、
吹き替えでも問題なかった。

普通の少年少女が主人公で、そこがいい。
好奇心や勇気、愛情が盛りこまれて、冒険活劇として気楽に楽しめる。
ファンタジー映画にありがちな「剣と魔法の世界」ではなく、
あくまでも現代を舞台にしているので妖精との戦いかたも
そこらへんにありがちなものを使っている。そこもいい。

妖精の描写も見事で、怖かったりコミカルだったりといい感じ。
この妖精の描写がなければ平凡な映画だったかもしれない。

最初は主人公の家族構成がよくわからなかったけど、特に問題ない。
ちなみに主人公ジャレッドと弟のサイモンは1人2役で演じている。

吹き替え版を上演する劇場が多いようだけど、
決してお子様限定映画ではない。老若男女問わず楽しめるはず。
スピルバーグの「グーニーズ」に似た雰囲気を感じたけど、
公式サイトでも「グーニーズ」に触れる箇所があった。
「ハリーポッター」の雰囲気もあるかな。

後世に残る傑作ではないかもしれないけど、
劇場で観ても損はしない1本だと思うよ。

「スパイダーウィックの謎」公式サイト
http://www.sw-movie.jp/
音が出ます。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...