ゲーム依存、WHOが病気と認定
2018.06.19

ゲームをプレイしすぎて日常生活に大きな問題が生じる状態を
WHO(世界保健機関)が精神衛生疾患のひとつに認定した。
数年後から発効するらしい。

「日常生活に大きな問題」とは、食事・入浴・睡眠などの
ありふれた行為よりもゲームを優先させたり、
家族や職場の同僚などの人間関係にも異常が起きたりする状況。
本人でさえ「これはよくない」と思っていてもやめられない状況。
アルコールやギャンブルの依存症に近いらしい。
(現時点では正確な判断ができる医者・研究者は少ない)

正式に認定されたことで、ゲーム業界には悪いニュースだけど、
ソフトメーカーや研究者、プレイヤーが問題の緩和を探るきっかけに
なると考えれば悪くないかもしれない。

オンラインゲームの場合、24時間サービスが実施される必要はないかもしれない。
人の生活リズムはいろいろだから、サービス休止を深夜帯に限る必要はないけど、
メンテナンス以外でも休止時間を定めるのはひとつの対策だろう。
ただし、ゲーム依存はオンラインゲームに限らないので根が深い。
本当に症状がひどい場合は寮生活などで生活リズムを変える必要があるのかもしれない。

あえていい方向で考えるなら、それだけハマッてしまう要素がゲームにあるのなら、
それを利用して達成困難なことを比較的楽に達成させるノウハウができそうだ。
リハビリとかダイエットとか。
または、ハマる要素を逆利用してゲーム依存から脱する(別の興味の対象を見つける)
ことも可能かもしれない。


前にも書いたかもしれないけど、個人的にはゲームに過度にハマッた経験はない。
ひとり暮らしだったら、食事や入浴の時間を後回しにすることはあったかもしれない。
それでも、食べないとか寝ないという状況でプレイすることはないだろう。
人生全般で、なにかにハマッたことがない。

境界線が難しいけど、なにかに没頭できるのは幸せでもある。
収入と支出のバランスがくずれたり、心身に悪影響がでると黄信号なのかも。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...