バッテリーが交換できない機器はたまに様子をみよう
2018.05.31

ひさしぶりにニンテンドースイッチの電源を入れたら
バッテリーが切れていたのでたまには様子をみたほうがいいという話。

6月1日から「マリオテニス エース」のオンライン体験イベントがある。
体験用ソフトのダウンロードとイベントの参加は無料。
「マリオテニス エース」公式サイト

ソフトをダウンロードしておこう、とニンテンドースイッチの電源を入れたら、
まったく反応がなかった。しばらく動かしていなかったので、
スイッチ本体とジョイコンの両方のバッテリーがゼロになっていた。

しばらく動かさないことはわかっていたので、スリープではなく
電源を切っていたけど、それでもだめだった。

ちなみに、本体のバッテリーが切れているとACアダプタを接続しても
すぐには電源が入らなかった。数分の充電が必要。
(つまり、本体はバッテリーの寿命を迎えたら必ず交換しないといけない)


この状態は非常によくない。
バッテリーが切れた状態で放置すると、バッテリーの寿命を縮める。
寿命が少ない状態、または寿命が尽きると、フル充電しても
すぐにバッテリー切れになったり、充電できなくなったりする。

ニンテンドースイッチ本体とジョイコンは、持ち主による
バッテリー交換ができないので、大事に使ったほうがいい。
しばらく使わないなら、最低でも1ヶ月に1回くらいはバッテリーの様子をみたほうがよさそう。
(バッテリー交換ができないタイプの商品はみんな同じ。
フル充電の状態で放置するのもよくない)

ちなみに、ニンテンドースイッチ本体やジョイコンのバッテリーは
任天堂に送ると修理扱いで交換してくれる。
交換の参考価格は任天堂のホームページに出ていて、
本体が4860円、ジョイコン(おそらく左右の一方のみ)が2160円。
Proコントローラは4212円。


バッテリーを自分で交換できないのはやっぱり不便だ。
Wiiリモコンは単三電池だったから、エネループが役に立った。
Wii Uゲームパッドもバッテリーの交換ができた。

多少は厚みが増してもいいから、交換できるタイプの
スイッチが出たらいいのに。絶対出ないけど。

任天堂のパーツ販売のページを見ると、
2009年発売のニンテンドーDSi LLのバッテリーはもう売っていない。
電池ぶたは売ってるけど、もっと大事なバッテリーがない。
(純正品でなければ入手できるかも)

スイッチも同じ対応になるとすると、そう遠くない将来に
バッテリーの交換ができなくなるのかもしれない。
将来、ゲームの博物館や展示イベントがあったとしても、
ニンテンドースイッチの実物が動いている様子は見られないのかもしれない。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...