公衆電話に使用法を説明するシールがあった
2018.03.14

しばらく前にネットで
最近の若い世代は公衆電話の使いかたを知らない(人もいる)
という話題を読んだ。小学生とかが知らない例が多いらしい。

携帯電話が普及してずいぶんたつし、通話の重要性も下がっているので
使う機会がないのはわかる。使わないなら使えないのは自然だ。
(似たような流れで、缶切りや栓抜きの使いかたを知らない人も多そう)

公衆電話の使いかたのシール

先日、自分が公衆電話を使う機会があって、
前はなかった「使いかた」のシールが電話機に貼られていた。
英語でも説明が載っている。

冒頭の「若い世代は使いかたを知らない」という話は、
このシールが貼られたことへの反応だったのかもしれない。

考えてみれば、なぜなかったのか不思議だ。
外国人への対応としても、もっと早く用意してもよかった。

ちなみに、電話機の上部には災害用伝言ダイヤルの使いかたを
説明したシールもあった。これは知らない人が多そう。

公衆電話は減少しているけど、災害時のためにゼロにはならない。
一度も使ったことがないなら、試しに使っておくといいかも。
電話をかけた相手の電話機に電話番号を表示する機能がある場合、
番号ではなく「公衆電話」と表示されます。
ちなみに、100円玉を入れるとおつりは出ません。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...