被災地支援の形
2017.07.23

福岡や大分で起きた豪雨災害のニュースを見ると
ボランティアの方々が泥をかき出したりする様子がよく流れる。

真冬でも汗をかきそうな作業なのに、この暑いなかで行うのは
本当に大変だろう。自分だったら、親戚が被災したとしても
体力的な意味で作業をためらうと思う。

こう思う反面、一般人による災害支援のニュースは
現地に行くボランティアの話が多いな、とも感じている。

物理的な距離や体力の問題で現地での作業を選ばない人もいて、
募金などの形で支援するのも被災地支援のひとつだ。
ボランティアの様子を伝えつつ、
「今日の時点で、赤十字には○○円の義援金が集まっています」
などの報道もあったらいいのに。

マスコミとしては、「絵になる素材がほしい」という思惑もありそう。
汗を流しながら作業する人、低年齢層のボランティア、感謝する現地の人。
義援金をテーマにするとしても、せいぜい街頭募金。

各自ができることを、できる範囲で支援すればいいわけで、
特定の行為だけを重視する必要はない。

井村屋 えいようかん 5本
井村屋 えいようかん 5本


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...