マスターソードと対面したが 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」その3
2017.05.22

冒険をしていると、フィールドをブラブラするのが楽しい。
最近は馬を使わず、歩いている。急ぐ必要がない。

「ブレス オブ ザ ワイルド」の情報公開が始まったとき、
広いフィールドを前にするリンクや、ガケを登るリンクの
イメージが公開されていた。

「今回のゼルダはこんな感じです」という意味で
(結果的に)最適な情報の見せかただった。プレイ時間の大半は移動だから。


先日、ついにマスターソードに出会った。
「ゼルダの伝説」を象徴するアイテムのひとつだし、
Wiiの「スカイウォードソード」をプレイしていれば愛着もある。

リンクの能力が足りず、マスターソードは抜けなかった。
抜けないのはともかく、取得に失敗するとゲームオーバーになるのは
ほんの少し意外だった。

取得に挑戦するときの会話で「危険だ」とわかっていたけど、
戦いに敗れたわけでもないのにゲームオーバーになる
(つまりリンクが死ぬ)のは演出として必要だったのかな。
「抜けなかった」という演出で充分な気がする。


リト族の神獣はかなり簡単だった。
またバクダン矢を使うとわかり、ゲルド族の神獣のように
大苦戦しそうな予感があったけど、ボス戦もふくめてスムーズだった。
全体的にゲルド族の神獣より難易度が低く設計されていた。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...