ゲームをプレイするとイヤなことを思い出さない効果が?
2017.03.30

心理的にショックの大きいできごとがあったとき、
ゲームをプレイするとイヤなことを思い出す頻度が減るという
記事がCNNに出ていた。

心の傷に起因するPTSD、「テトリス」で予防できる可能性
http://www.cnn.co.jp/fringe/35098997.html
しばらくすると読めなくなるかもしれません

交通事故で集中治療室に運ばれるほどの傷を負った人に
テトリスをプレイしてもらったら、プレイしない人とくらべて
事故を思い出すことが少なかったそうだ。

紹介した記事にもあるように、この研究は初期段階で、
テトリスが明らかに効果的かどうかは調査を続ける必要がある。

おそらく、対象者が楽しめれば(没頭できれば)
ほかのゲームでもいいだろうし、ほかの娯楽でも効果がありそう。
ようするに没頭(集中)できるかどうかの問題だと思う。

イヤなこと、イライラすることがあったときに
ひたすら掃除して気分をまぎらわすテクニックもある。
記事と同じ効果が出ていると思われる。

ゲームが特に効果的であるとするなら、
中毒性が影響しているのかもしれない。
「気がついたら長時間プレイしていた」というのは
必ずしもよいこととはいえないけど、
治療効果を考えるなら最高かもしれない。

こうした研究がさらに進めば、災害の避難所に必要なものも
見直されるかもしれない。食料や医薬品が最優先だけど、
被害が大きいほどそれだけでは充分とはいえない。
(子どもと遊ぶ役割のボランティアの話を聞いたことがある)


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...