ニンテンドースイッチの心配な点を考えてみる
2017.01.13

ニンテンドースイッチの詳細が発表になった。
専用コントローラー「ジョイコン」の機能や対応ソフトなど、
期待させるには充分な発表だった。

ただし、任天堂は期待させようとして発表しているわけで、
少し考えればやや心配な点もある。

● ソフトのメディアがカートリッジ

ニンテンドースイッチのソフトは、ニンテンドー3DSのような
ゲームカード(カートリッジ)で発売される。
ここにいくつか心配がある。

ブルーレイディスクと比較すると、おそらくデータ容量が少ない。
音声やムービーを多用しなければ問題ないかもしれないけど、
嫌がるソフトメーカーがあってもおかしくない。
(ダウンロード版を買うなら、ブルーレイでもカートリッジでも
関係ないともいえる)

カートリッジだと、ディスクより生産に時間がかかるはず。
大人気ソフトは再入荷が遅れるかもしれない。

カートリッジの利点はあって、データの読みこみは
ディスクより早いはずだ。

● 性能が低いのではないか

ニンテンドースイッチの本体は小さめのタブレット状。
ゴツい感じではないみたいだ。目立つ排気口もないみたい。
そうなると、性能はあまり高くないと思われる。

スイッチをテレビに接続するときに使う「ドック」が
事実上のスタンドで、USB端子やHDMI端子を増やすだけの
機能しかないとするなら、よけいに性能面では期待できない。

性能とゲームのおもしろさは比例しないけど、
ライバルのゲーム機と差が大きいと、スイッチ向けにソフトを出さない
メーカーが出てもおかしくない。

WiiやWii Uのように、任天堂のソフトしか目立たない状況になると、
投資家が求める「任天堂らしい利益」は達成しにくい。

任天堂もそのあたりを考えて、発売1年目に
「スプラトゥーン2」や「マリオカート8 デラックス」、
「スーパーマリオ オデッセイ」、「ゼノブレイド2」などを用意したのかも。
絶対にスタートダッシュで失敗したくないと思っている。
ある程度の勢いがあれば、参入メーカーも増える。


このほか、オンライン対戦が有料だとか、
バッテリー交換が修理扱いになるところも気になるけど、
詳細がわからないので今は気にしてもしかたない。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...