初詣は願望を定着させる機会
2017.01.04

年の初め、初詣に行った人は多いと思う。
私も近所の神社に行ったけど、やたら行列ができていたのでやめた。
そこまでしてお参りする必要を感じなくなった。

神や仏が存在するかはともかく、
寺社をお参りするのは願望を確認する行為だと思う。
簡単には達成できないこと、長期的な取り組みが必要なことを
忘れないようにするための行為。

お参りで何かを願う(誓う)ことで、確認をくり返す。
信心深い人ほど確認回数が増え、
いわゆる「アンテナをはる」状態になって自分の行動を制限したり
周囲の役立つ情報に気がつきやすくなったりする。

ようするに、目標を紙に書いて壁に貼るのと同じ。
書く行為や目につく場所に貼ることで確認回数が増える。

寺社のお参りで一番大切なことが願望の確認だとするなら、
別に神社や寺まで行く必要はない。どこでもできる。
風呂に入りながら確認してもいいし、
ペットとか月とか大木とかに祈ってもいい。
ほんの短時間、考える時間があれば対象物もいらない。

初詣に限らず、寺社へのお参りはあまり意味がないかもしれない。
散歩のついでに寄ることもあるだろうし、観光地化しているところもある。
誰かといっしょに行くことがイベントになっていることもある。
このような例をのぞけば、あとは気持ちの問題だ。

Amazon ナノブロック 稲荷神社
Amazon ナノブロック 稲荷神社


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...