ひとりスゴロクの苦痛 「めがみめぐり」
2016.12.13

「めがみめぐり」は、基本プレイは無料のダウンロード専用ソフト。
ニンテンドー3DS用。
今のところ、おもしろいとは感じない。

未熟な女神である「ツクモ」を、一人前にするために
全国を鉄道で旅するゲーム。ようするにスゴロク。
日本全国の実在する駅が多数登場する。
登場するとはいっても駅名だけで、旅の感覚はない。

どこから書いたらいいかわからないけど、
おもしろい点はあまり見られない。
完全に1人用ゲームなのに、サイコロを振って移動するのは
単調で苦痛。

止まった駅によっては会話イベントやミニゲームがある。
ミニゲームはシンプルというか原始的。

会話部分がこのゲームのキモかもしれない。
ツクモから質問されて、答えた名詞を記憶して
そのあとの会話に反映される。

会話部分は、かなり前にプレイした「クマ・トモ」というゲームに近い。
「予想外におもしろい「クマ・トモ」体験版」(13.06.08)
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-2703.html

ツクモは疑似音声で話す。まあまあ自然な発音。
しかし、会話イベントは多くない。
また、「おなかがすいた」と機嫌が悪くなり会話できないことも。
(食事のコマンドで解消するみたいだけど、
複数の食材が必要なので一度も食事したことがない)

「めがみめぐり」は会話するゲームだと思ってはいけない。
スゴロクをベースに、たまに会話やミニゲームがある感じ。
スゴロク部分の移動距離がかなり長い。

長いといえば、オープニングも長い。
ゲームを始めて、セーブできるようになるまでかなり長い。
この時点で印象が悪かった。
ボタンをポンポン押してたら、北海道からスタートすることに
なってしまった。


「めがみめぐり」の特徴として、SuicaやPASMOなどの
交通系ICカードを利用したしかけもある。
私は試していないけど、現実の太宰府駅や鉄道博物館駅を
利用した履歴があると特殊な衣装が手に入ったりする。
このゲームのために太宰府駅まで行くのは地元の人だけだと思う。

普通のニンテンドー3DS(2DS)でICカードを利用するには、
「ニンテンドー3DS NFCリーダー/ライター」が必要です。
Newニンテンドー3DSなら不要です。

ニンテンドー3DS 周辺機器のページ
https://www.nintendo.co.jp/3ds/hardware/accessories/index.html

「めがみめぐり」公式サイト
http://www.capcom.co.jp/megami/


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...