定額制ゲームプレイは実現するか
2016.12.06

先日、コーヒーメーカーのチラシを見た。
カプセルを本体に入れれば、かんたんなボタン操作だけで
コーヒーを淹れられる。機種によっては緑茶や紅茶にも対応する。

こんな感じの機種
Amazon
Amazon

そのチラシによると、カプセルの定期購入契約をすれば
コーヒーメーカー本体は無料だという(一番シンプルな機種のみ)。
カプセルの売り上げだけで利益を確保する戦略。
ウォーターサーバーでも似たようなプランを見たことがある。
プリンターも同様のしくみで売り上げをつくっている。

ゲーム機もこうした売りかたはできるだろうか。
本体は格安で、ソフトはダウンロード販売のみ。
とっくに検討されているだろうから、実現はむずかしいのが結論だ。

最新世代のゲーム機は高額だから、
格安で売ることじたいに無理がある。
上で書いた無料のコーヒーメーカーは、買ったとしても
1万円もしない安い機種らしい。

本体にソフトやコントローラーをつけて実質的な値引きをする例は多い。
このパターンは今後も続くと思う。
本体を一定の期間内に買ったら、追加コンテンツが一定期間無料とか。


古典的なゲームをプレイできるサービス、
任天堂でいうならバーチャルコンソールなら
専用の本体を安く売ることは可能だと思う。
しかし、コーヒーやミネラルウォーターみたいに
長期的な契約を要求するのはきびしい。

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が
品薄になっているけど、これはファミコンが復刻されたことが
大きいのであって、収録されているソフト30本は
あまり重視されていないと思う。
(単純にソフト30本だけをセット販売しても同じ人気にならない)


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...