「ニンテンドースイッチ」の次世代感は充分なのか
2016.10.21

具体的な姿を見せたニンテンドースイッチ。
少なくともWii Uと同程度の性能を持つゲーム機を
テレビ接続だけではなく外に持ち出せることが
最大のメリットとして紹介されていたように思う。

据置型ゲーム機用に開発された「ゼルダの伝説」や
「スプラトゥーン」を外でもプレイできるのはすごいことだ。
かつて、初代プレイステーションやセガサターンが発売されたときは
ゲームセンターで遊ぶしかなかった「バーチャファイター」や
「リッジレーサー」が家でできると衝撃的に受け止められた。
それと似た変化だ。

その一方、コントローラーには特に新しい提案はない。
切り離せるコントローラー(ジョイコン)の実態は
標準的なボタン構成みたいだ。
WiiやWii Uとくらべると、おとなしくなってしまっている。
(そうしないとソフトメーカーがソフトを出してくれないという判断かも)

「プレイできる場所が広がります」という提案がメインでは
やや弱いような気がする。

入力方法について、まだ公開していないことがあるかも
しれないけど、その可能性は低いと思う。
少なくとも「別のワイヤレスコントローラー」が標準にはならない。
それを付属させると6000~7000円は価格が上がるから。
WiiリモコンやWii Uゲームパッドが使える可能性はあるけど、
周辺機器なら積極的に使われない。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...