「ニンテンドースイッチ」公開
2016.10.21

予告通り新型ゲーム機の動画が公開された。
「ニンテンドースイッチ」という名称。
来年3月の発売予定は変わらない。
スイッチには「切り替える」という意味がある。

任天堂ホームページ
https://www.nintendo.co.jp/
「ニンテンドースイッチ」についてのニュースリリース
https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2016/161020.html
今回の約3分の映像はYouTubeの任天堂公式チャンネルでも見られます。

動画を見る限りでは、
「Wii Uゲームパッドの進化版」という印象だった。
外に持って行けるWii U。

家ではテレビに画像を出して楽しめて、
ゲームパッド的なものを外に持ち出して楽しむこともできる。
テレビを使うときはゲームパッド的なもの以外に
「ニンテンドースイッチ ドック」を使う。これが性能を補う可能性がありそう。

ゲームパッド的なものの両側のボタン部分は切り離せて、
ひとつのコントローラーとして操作できるのはもちろん、
2人までの対戦も可能らしい。
ニンテンドースイッチが2台あれば、屋外で4人対戦も可能。

タッチパネルの機能は不明。ないっぽい。
Wiiリモコン的な使い方ができるかも不明。

ゲーム映像を見る限り、グラフィック面のパワーアップは
あまり感じられない。


気になるところ。
映像では本体カラーは黒のみだった。また、登場人物の年齢層も高め。
本体価格がやや高いのかもしれない。
「最初に情報に飛びつく層」を考えただけかもしれない。

ソフトはカートリッジ式のように見えた。
大容量を求めるソフトメーカーはどう感じるか。
描画性能があまり高くなさそうな点もメーカーは嫌うかも。
逆にいえば制作コストは抑えられる。
カートリッジ式だと、ソフトの量産に(ディスクより)時間がかかる。

持ち出したとき、バッテリーがどれくらい持つのか。
わりと薄い本体のように見えたので、バッテリー搭載量は多くないはず。
それでスプラトゥーンやゼルダみたいなゲームを動かし、
さらに対戦もできるとなるとバッテリー消費は大きいし発熱もする。
最低限、New3DS LLと同等はもつと思うけど。

据置型と携帯側の両方の性質を持つとなると、
客にとってはうれしいが、ソフトメーカーは2種類のソフトを出せない。
「市場がせまくなる」という見かたもできそう。
3DSがすぐに時代遅れにはならないだろうけどね。

外に持ち出すつもりがない場合、
今回の情報ではあまりメリットがなかったかもしれない。
まだ情報が少ないけど、家でリッチなゲームをプレイしたいと
考える人にとって、PS4やPCと同等かそれ以上の選択肢には
ならなかっただろうと思う。

任天堂ホームページ
https://www.nintendo.co.jp/
ニュースリリース
https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2016/161020.html


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...