オリンピックは知らない競技に出会う場所
2016.08.11

リオデジャネイロオリンピック、それなりに見ている。
今のところ、一番興味深いのは女子ホッケー。
ホッケーといったらアイスホッケーしか知らなかったので
新鮮だった。かなりハードなスポーツみたいだし、腰を痛めそうだ。

日本人初のメダル獲得というニュースで知ったカヌーも興味深い。
そんな競技があったんだね。あれは人工の川なのかな。

オリンピックでは、見慣れない競技に出会えるのがおもしろい。
アーチェリーとかカーリングとか。
パラリンピックのゴールボールもかなり興味深い。
射撃系の競技も興味があるけど、地上波ではほとんど放送されない。


戦後日本のスポーツ報道は一部の競技にかたよりすぎているのかも。
圧倒的に野球の人気が強くて、そのあとにマラソン・柔道
バレーボールあたりがつづく。水泳・陸上も多め。
Jリーグが始まって、やっとサッカーが目立ち始めた。

こんなスポーツもあってさ、という報道があってもいいし、
むしろ広めることがマスコミの役割のはずだ。

オリンピックの場合、種目数と放送枠が合っていないから
どうしても(有力な)日本人が出場する種目が放送されがちだけど、
あえてマイナーな競技に注目する放送枠があってもいい。
放送をきっかけにプレイ人口が増えるかもしれない。
日本ではスポーツに挑戦したくても設備がない問題があるけどね。


余談だけど、これからの日本は人口が減る傾向にある。
しかも若者が少なくなる。そうなると、有力な選手も減る。
20~30年後、オリンピックの日本選手団はどうなるだろう。
単純に規模を縮小するのか、外国人が国籍を取得する基準を緩和して
「日本人選手」を増やすのか。
そのころにはオリンピックのしくみも大きく変わっている可能性が高い。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...