元スクエニ社長の和田さんが語る社長業
2016.07.08

スクウェア・エニックス・ホールディングスで社長をしていた
和田洋一さんが自分の社長時代の出来事をいろいろと書いている。
イベントでの対談で話した内容に自ら注釈を加えたもの。

スクウェア時代から数年前までの、スクウェアにとっても
ゲーム業界にとってもいろいろあった年月が語られている。
かなり濃い内容。

そろそろ語ろうか(其の壱)
https://www.facebook.com/notes/%E5%92%8C%E7%94%B0-%E6%B4%8B%E4%B8%80/%E3%81%9D%E3%82%8D%E3%81%9D%E3%82%8D%E8%AA%9E%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%8B%E5%85%B6%E3%81%AE%E5%A3%B1/1078206192234133

すべてが事実かどうかはともかく、
開発者ではなく経営者の立場から語られるのはレアだ。
ゲーム業界がどうこうというよりも、
組織の動かしかたの点でも興味深い気がする。

ちなみに和田さんは金融業界からゲーム業界に入った人。
任天堂の君島社長も同じような経歴をたどっている。


「ゲームデザインは動作環境に依存する」という話は
当たり前なんだけど印象深かった。

デジキューブの話が出ているのもなつかしい。
コンビニでゲームソフトを流通させようと取り組んだ会社で、
あまりうまくいかず、とっくに倒産した。
自社ソフトもつくっていて、「アメリカ横断ウルトラクイズ」とか
「アタック25」とかのクイズ番組をテーマにしたゲームがあった。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...