オバマ大統領の広島訪問
2016.05.27

伊勢志摩サミットの終了後、アメリカのオバマ大統領が
広島を訪問した。広島と長崎は原爆を落とされた土地で、
そこを現役のアメリカ大統領が訪ねるのは史上初のことだ。

日本のマスコミは、この広島訪問を歓迎ムードで伝えた。
アメリカ大統領として英断を下した、というムード。

任期中に訪問したのは悪い話ではないと私も思うけど、
ちょっと違和感もある。どうして歓迎ムード一色になるのか。
大統領と被爆者の方々がふれあった写真を見ると、
ローマ法王とキリスト教徒のふれあいのような親密ささえある。


大事件を起こした容疑者や刑期を終えた人物が
現場を訪れたら、今回のような対応にはなりにくいと思う。
警戒や避難の目が向けられるだろうし、
場合によっては命の危険もともなうかもしれない。

しかしアメリカ大統領が訪問すると歓迎ムード。
この差はどこから来るのか。
経過した時間の長さなのか、もっと別の理由なのか。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...