任天堂制作の映像作品を見たいか
2016.05.16

任天堂の君島社長が新聞のインタビューに応じた。
そこで語られた話題のひとつとして、
映像制作の計画が検討されているそうだ。

具体的なことはほとんど決まっていない状態みたいだ。
短編なのか長編なのか、公開方法も不明。
おそらくCGを使った映像が中心になるだろうと思う。
他社にキャラクターの使用権を与えるのではなく、
任天堂が主導的な立場になると想定されているらしい。


任天堂は映像化してもおもしろそうなゲーム世界を
いくつも持っているけど、個人的にはあまり関心はない。
操作してナンボだと思うから。

とはいえ、世の中にはゲームそのものよりも
キャラクターや世界設定が好きな人も少なくない。
そうした人には悪くない話だと思う。これは前にも書いた。
それにゲームよりも映像のほうが敷居が低いから
うまくやればゲームへの誘導効果もある。

ゲーム事業を維持するためにも、
ゲーム以外の部分で少しでも利益をあげるのは
かなり大切だろうと思う。
(有料で公開されるとは決まってないけど)


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...