12のカメラで鉱山を警備「スターフォックス ガード」
2016.04.23

Wii Uの「スターフォックス ガード」買いました。
「スターフォックス」の世界設定を利用した別のゲーム。

1時間30分くらいプレイした段階だけど、
現時点では「地味におもしろい」という感じ。
「ハマる」というほどではない。

12台の監視カメラを駆使して鉱山を防衛するゲーム。
テレビ画面に12台のカメラ映像が全部映されていて、
Wii Uゲームパッドの画面で操作するカメラを変更できる。
カメラには武器がついていて、ビームで攻撃して敵を排除する。
一定数の敵を排除できればステージクリア。

基本的にはテレビ画面を見ながらゲームが進む。
左スティックで射撃の方向を変えて、ボタンで射撃。

1ステージにかかる時間は1分から2分くらい。

あちこちから敵が接近してくるので、
それなりにせわしないプレイになる。
カメラをチェックして、操作するカメラを切り替えて、射撃。
ゲームオーバーにも何回かなった。
複数のルートから攻めこまれると、「あわわわわ」となる。

カメラの切り替えがポイントになるゲームだけど、
ゲームパッドの画面を見ないと切り替えにくいのでちょっと疲れる。
テレビ画面を見たままで切り替えるのは無理があるので、
そこに少しストレスを感じる。


このゲームは主人公はプレイヤー自身になっている。
遠隔操作でカメラを動かして警備の仕事をする設定。
この設定はちょっとおもしろい。

ステージクリア時に出てくる資源回収ロボットのデザインがいい。
白いカエルみたいな感じだけど、クールなデザイン。
炊飯器にも見える。


「スターフォックス ガード」にはオンライン要素もあります。
既存のステージに、どんな敵でどんな順番(ルート)で攻めるか
自分で設定できる。それを世界のプレイヤーに公開したり、
他人が設定したものに挑戦もできる。無料。

この要素は、ゲームをある程度進めないとできません。
具体的には最初の星をクリアしないとダメ。


画面に表示される文字は大きい。
ゲーム中のセリフ音声はゲームパッドのスピーカーから出る。
ゲームパッドの音量調整はRボタンの左側でできる。

ゲームパッドの振動機能はオフにできないみたい。
個人的にはオフにしたかった。


ひとり用ゲームだけど、
パーティーゲーム的にみんなでカメラをチェックしながら
プレイするのが一番いいかもしれない。
(対戦要素はありません)

「スターフォックス ガード」公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/wiiu/bwfj/index.html
このソフトは基本的にニンテンドーeショップから
ダウンロード販売で入手します。
単品のパッケージ版の販売はありません。
「スターフォックス ゼロ」とのセットならパッケージ版はあります。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...