まだ高いプレイステーションVR
2016.03.16

プレイステーションVRの発売時期と価格が発表された。
今年10月発売、44,980円(税抜)。
ライバル機種が約8万円なのでそれと比較すれば大幅に安いけど、
やっぱり高い。

プレイステーションVRのVRはバーチャルリアリティの略。
ヘッドセットを頭に装着すると、視野全体がゲーム世界になる。
対応ソフトによるけど、ゲーム世界を見渡すことができる。
現実世界と同じように、右を向けば右側の様子が見える。
(VRに対応しないPS4用ゲームも、目の前に大画面があるように
たのしめる)

画期的体験ができそうな機器だと思うけど、高価だ。
プレイステーションVRは単体では意味がない。
PS4と接続しないと使えない。
さらに、「プレイステーションカメラ」も必要になるはずなので
PS4をすでに持っているとしても出費が大きい。
もちろん専用ソフトの代金も必要。

プレイステーションカメラ
http://www.jp.playstation.com/ps4/peripheral/cuhzey1j.html

本来なら最初は業務用として導入されてもおかしくないものが
いきなり家庭用として発売されたので高価に感じるのかもしれない。
逆にいえば、商業利用の価値は高い。
体験したい人は多いだろうから。

この手の機器は小型化・軽量化が進むと思うので、
そうした意味でも手を出しにくい感じがする。


ところで、プレイステーションVRのディスプレイは
「OLED」だそうだ。見慣れない用語なので調べると
これは「有機EL」のことらしい。

有機ELは液晶とはちがうメリットがあるものの
高価なのであまり普及していない。
PS Vitaの初代モデルも画面は有機ELだったけど、
コストの問題なのか普通の液晶に変わった。

そんな有機ELがプレイステーションVRに使われたのは
どうしてだろう。コストダウンができたのか。
それもあるかもしれないけど、応答速度や薄くできる点で
採用したのかもしれない。

プレイステーションVRの告知
http://www.scei.co.jp/corporate/release/2016/160316.html
プレイステーション4 公式サイト
http://www.jp.playstation.com/ps4/

Amazon PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト
Amazon  PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...