人工知能の提案を受け入れるか否か
2016.03.14

Googleの子会社が開発した囲碁の人工知能と
人間のトップクラス棋士が対戦するイベントが続いている。
全5戦で、人工知能が3連勝して勝敗が決した。
4戦目も行われて、そこでは人間が勝った。
囲碁はよく知らないけど、興味深い。

人間代表として戦っている棋士は韓国のプロ。
韓国でトップクラスに位置する人だそうだ。
近年の囲碁の世界では、韓国と中国のプロが強い。
日本人棋士の国際的な存在感は薄い。

人工知能は、つい最近まで
「将棋では人間を超えたけど、囲碁はまだまだ」と
いわれていたような気がする。
それがトップクラスのプロに3連勝。
いろいろな意味で衝撃的だと思う。


囲碁の人工知能は局面のデータを蓄積して、
「この局面ではこの手が最善」とか
「この相手はこうした手を打つ確率が高い」などの
判断をしていると思われる。

この技術はいろいろ応用がきく。
たとえば、過去の自分の好みを登録すれば、
次におすすめのものを提案してくれるとか。
本とかゲームとか、自分の好みを自分より理解する。

膨大なデータベースをもとにするから、
人間の知識量ではかなわない。
翻訳もしてくれる。

こうした技術が実用化されると、かなり楽だ。
正しく機能していれば、ハズレはない。
時間もお金も有効に使える。


その反面、自分で決められなくてイヤになるときも来ると思う。
ハズレを引くのを承知で自分で選びたくなる。
(親が決めた相手と結婚するなんてイヤ、みたいな)

人類が持つすべての本からおすすめの1冊を提案する
人工知能よりも、友人から聞いた1冊とか本屋で見かけた1冊
のほうがいいと考える人も出てくると思う。
結果として大事な1冊とめぐりあえなくても、
それが個性につながる。

アドバイスがほしくなるときはあるだろうけど、
選ぶ過程や最終的な決断がかなり大事なのかもしれない。


そう考えると、このような人工知能があっても
使うのはおもに専門職や犯罪捜査になるのかもしれない


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...