「NHK短歌」でゲームがお題に
2016.01.17

Eテレの短歌の番組でゲームがお題になってたよ、という話。

「NHK短歌」という番組は存在自体知らなかった。
たまたまレコーダーの番組表に「ゲーム」とあったので録画した。
朝6時からの番組。

視聴者からテーマごとに短歌を募集して、
優秀な作品を紹介するのがおもなコーナー。
番組の出演者も視聴者も平均年齢高めなんだろうなと
思っていたら、「えりちょす」という人が突然出てきて意表をつかれた。
調べたらアイドルやモデルをやっている女性。
標準的な視聴者からすると孫娘的な立ち位置なのかもしれない。

肝心の短歌は、やはりというべきか、
歌を詠んだ人とゲーム(のプレイヤー)に距離を感じさせるものが
目立った。ゲームに対する、ある種の不信感をにおわせるようなもの。
まあしかたないのかも。

プレイヤーが詠んだとおぼしき歌もあったけどね。

お題の「ゲーム」はテレビゲームとは限らないわけで、
「建築の仕事を長年やってたのに、クレーンゲームでは大失敗」
みたいな歌もあって、ほほえましい部分もあった。

ちなみに来週は「短歌de胸キュン 冬の増刊号 ハワイ編」だそうで、
やっぱりEテレは奥が深い。

再放送が1月19日(火)の午後にあります。
強くおすすめはしません。

NHK短歌
http://www.nhk.or.jp/tankahaiku/


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...