オンラインゲームで「いい人」のふりをする仕事はありうるか
2015.10.14

よくも悪くも人が大事なオンラインゲームで、
いい人を演じてゲームの雰囲気を向上させる仕事は
ありうるだろうか、という話。
現実的ではない。

オンラインでほかのプレイヤーと対戦や協力をするゲームは
まったくめずらしくない。もう「ごく普通」の要素だ。
ほかのプレイヤーとの関わりかたはゲームによってちがうけど、
1人用のゲームでは味わえないたのしさがある反面、
不愉快な思いをする場合があるのも事実だ。

不愉快な思いをしたときの印象は強い。
変な人は少数派だとわかっていてもゲーム全体に
悪い印象を持ってしまうかもしれない。
(不愉快とまではいかなくても、ゲームによっては
他者からの反応がなくてさびしい、つまらないこともありうる)

ゲームのルールがつまらないならともかく、
たまたま変な人に当たってしまったから悪い印象をもつのは
もったいない。そんな状況を多少なりとも回避するために、
いい人を演じるプレイヤーをまぎれこませるのは可能だろうか。

いわゆる「サクラ」だけど、悪い方向でだますわけではない。
むしろ接客業で、プレイヤーのふりをしてゲームを続けるのは
けっこうつらいと思う。

実際にやろうとすると、ゲーム1本につき
数百人から数千人を動員しないといけないはずだから、
人件費の点で実現の可能性は低い。
「変な人がいたら、通報またはブロックしてください」というのが
妥当な線なのかもしれない。

どのような目的であれ、プレイヤーのふりをされるのは
違和感を覚える人もいると思う。
最初から関係者として登場するのも変だ。
特殊なことはしないほうがいいのかもしれない。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...