主権者教育って?
2015.06.17

選挙権を18歳以上の者に与えるように法律が変更された。
18歳や19歳の人が実際に投票できるのは
来年夏の参議院選挙になるらしい。

この制度の変化をうけて、
政府はこれから選挙権を得る人に向けて
「主権者教育」を充実させるように動いているそうだ。

なんだろね、主権者教育って。
私が選挙権を得る前はそんな教育を受けた覚えはない。
どの候補者に票を入れるべきか決めるのはむずかしい。
こうすれば決められます、というルールはない。

あえていえば、消去法かな。
「みんなダメだから、一番マシな人に入れるか」という感じ。


主権者教育が必要だとするなら、
すでに選挙権をもっている人たちにこそ必要だよね。
4割くらいの人しか投票しないのが通例の国なんだから。

国民がまともに政治を考えて投票活動をすると
困る議員(団体)はたくさんいる。
なにか裏があるのかもしれない。

ちなみに、選挙権の引き下げにともなって、
少年法の改正などいろいろな制度の変更が
想定されているそうだ。
今回は大きな変化の第1弾にすぎない。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...