変わりゆく(?)コナミ
2015.06.02

「桃太郎電鉄」の作者として知られている人物が、
「コナミと連絡が取れないから、シリーズはもう終わり」と
ツイートして一部で話題になっている。

「桃太郎電鉄」は、いわゆる「すごろく」のゲーム。
同じ作者が手がけたRPG「桃太郎伝説」をもとにしている。
けっこうシリーズが出ている。

「とっくの昔に終わったゲーム」という印象なので、
今さら新作の有無なんてどうでもいい話なんだけど、
コナミは家庭用ゲーム機から事実上撤退なのかなと
あらためて感じた。

今年の3月、コナミは組織を大きく変更した。
これが影響してか、ソフト制作で中心的立場だった人が
退社したり経営幹部から外れたりしている。
スマホ向けのゲームアプリは続けるようだけど、
据置型・携帯型ゲーム機向けのソフトは縮小する気配だ。
(人気シリーズは続けるとコナミは告知を出しているけど、
それがどんな形で出るか、まったくわからない)

開発費の増加に比例して売り上げも増えるとは
限らないのが最近のゲーム業界。
リスクが大きいビジネスを嫌がる判断は理解できるけど、
開発部門を分社化して継続する手もあったはずなので、
それもやりそうにないのは少し不思議だ。

会社の一部門を子会社化するのはよくある話。
経営判断のスピードがあがる、などとメリットが
語られがちだけど、「トカゲのしっぽ切り」の側面もある。
子会社がうまく行かなければ組織をたためばいいし、
好調なら再び本体に吸収してもいい。


これからのコナミは、ゲーム業界の会社という認識では
いけないのかもしれない。「ゲーム事業もやっている会社」。
たとえばダスキンは掃除道具のイメージが強いけど
ミスタードーナツの運営もしている。そんな感じ。

かつてのコナミは代表的なソフトメーカーだったけど、
こうして変化しようとしているみたいだ。
これが世代交代で、新しいメーカーが台頭しているなら
問題ないけど、消えるメーカーのほうが多いから残念。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...