任天堂の新会員サービスはどんな感じになるのか
2015.03.17

任天堂とDeNAが業務・資本提携を発表して、
両社が協力してスマートフォンやタブレットで動くアプリや
新しい会員制サービスをつくることがわかった。

提携発表の直後に更新した記事
「任天堂とDeNA、業務・資本提携」
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-3053.html

ネットの反応を少し見る限りでは、
「あの任天堂がついにスマホ向けにゲームを出す」と
話題になっているみたいだ。
アプリや会員サービスの具体像がわからないので
なんともいえないけど、注目すべきはアプリではなくて
会員サービスのほうではないかと思う。


新会員サービスは現在のクラブニンテンドーに代わって
提供されるもので、非売品グッズの提供や
会員向けアンケートは残る可能性が高い。
会員の年齢や性別、プレイ状況を知るのが目的だ。

おそらく、新会員サービスでは任天堂からの情報提供も
加わると思う。現在の公式サイトやニンテンドーeショップ
みたいな感じ。

スマホやタブレットでプレイできる任天堂のゲームアプリは、
この会員サービスにアクセスさせるためのエサとして
用意されるのではないか。

現在ニンテンドー3DSに用意されている
「だるめしスポーツ店」や「バッジとれ~るセンター」は
基本は無料でプレイできるが、有料のプレイもできる。
これらに似たゲームアプリを用意しておいて
頻繁に(1日1回、あるいは週に数回)プレイしてもらい、
「ついでに」任天堂の最新情報も見てもらおう、という誘導かもしれない。
(つまり、アプリ単体として配信されるのではなく、
ポータルサイトの一部にゲームコーナーがある感じ)

大半のお客さんは、情報のためだけに企業のサイトには
アクセスしないと思う。しかし何かの仕掛けがあって、
それを目当てにアクセスするなら、ついでにほかのページも見る
可能性はある。「仕掛け」にゲームは最適。
(現在でも、ニンテンドーeショップにアクセスするだけで
楽しめるゲームがあるとするなら、起動する人は増えるはず)


くりかえしになるけど、具体的なことは発表されていない。
長期的に見れば、ボリュームの大きいアプリが提供される可能性はある。
しかし短期的には、スマホで「マリオカート」や「どうぶつの森」が
遊べるんだ、とは考えないほうがいいと思う。
ゲームの一部を取り出したようなアプリや、
フレンドとの交流に役立つアプリはありそうだけどね。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...