任天堂とDeNA、業務・資本提携
2015.03.17

17時から両社の社長が登場した会見が
ネットで生中継された。

かなり驚きの発表だけど、わからなくもない話だった。
具体的情報は少なかった。

会見の様子は下記にも載っています
http://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2015/150317/index.html

会見の要点は以下の3点。
任天堂とDeNAが協力して、以下の事業をする。
スマートデバイス向けームアプリを制作・運営。
(具体的タイトルや配信時期は未公表。
今年中には配信開始予定)
クラブニンテンドーに代わる新会員サービスをつくる。
(会員サービスの運営は任天堂。今秋開始)
両社は長期のつきあいになるため、
業務提携だけではなく資本でも提携する。


アプリには任天堂が持つキャラクター・ゲームを活用する。
どのキャラ・ゲームも例外なく使用するつもりだが、
タイトル数は厳選する。

そのままの移植は一切しない。
(任天堂社内では)ゲーム専用機向けと
スマートデバイス向けの開発は分ける。

任天堂はゲーム専用機のビジネスに不安はなく、
新しいコンセプトのゲーム機「NX」(コードネーム)を
開発中。2016年発表予定。

会見の様子は任天堂サイトに掲載されました
http://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2015/150317/index.html


会見を聞いた限りでは、自社でやりにくいことは
他社にやってもらおう、ということだった。
そもそも任天堂は従業員数が少ない会社なので、
すでに持っているハード・ソフト開発スタッフから
スマートデバイス向けネットワークの構築や管理に
人的なコストを投入したくない(できない)。

そこでDeNAというパートナーと出会って、
サーバーの構築や管理、利用者の行動分析などを
自社のチカラを使わずにすむようになった。
スマホやタブレットにアプリを流通する道ができたことで、
自社のキャラ・ゲームに触れる人を増やせる。

総合的に、DeNA側にメリットが多い話のように見える。
(DeNAがベストなパートナーといえるか不透明)

しかし仮にGoogleやマイクロソフトと組むと、
特定のハードにしかアプリを出せない可能性があるよね。
それ以外の企業だとNTT系? そうすると
コンテンツビジネスのスピード感とかはどうなのかって疑問もある。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...