事件の犠牲者が未成年なら、匿名報道でいいのでは
2015.03.02

川崎で中学1年の少年が殺害された事件がさんざん報道されている。
最近はこのニュースが中心になっていて、正直うんざりしている。
容疑者の逮捕で一段落かと思えば、そうはなっていない。

この事件に限ったことではないけど、犠牲者について
いろいろと情報が流通している状況が理解できない。

むしろ「犠牲者についての情報のみ」が流通していて、
氏名、年齢、顔写真、性格など、あらいざらい公開されている。
特に、左目にアザができている画像は無意味に多用されている。
容疑者も未成年なので、ほんとうに犠牲者の情報だらけ。

こうした状況を見ていると、事件の犠牲者が未成年なら、
匿名の報道でいいのではないか。性別と年代だけで十分。
犠牲者の個人的な情報を広く伝える意味があるだろうか。
ほとんどの場合、さらしものになっているだけだと思う。
個人情報がジャンクフードのように報道されている。
亡くなっているとはいえ、一番つらい目にあった人物が
さらに野次馬にさらされるのは二次犯罪といえないか。

捜査、裁判、学問などで詳細な情報が必要なら
別のルートで情報を伝えればいい。

例外は、行方不明の捜索のときかな。
情報を集めるために、氏名や顔写真、服装などを知らせる必要はある。

未成年者に限らず、一般の事件・事故でも
犠牲者についての報道は性別と年代だけでいいかもしれない。


この記事へのコメント

- ヨッシー - 2015年03月15日 20:26:24

汚い野次馬の気持ちを満たす為に被害者が晒されるのはおかしいっていうのは、まったくそう思います。

ただ、オイラは加害者・被害者共に実名報道されるべきと考えます。
所謂「私刑」が横行してますが、これが誤りだった場合(特にネット社会では)もう手遅れです。その間違った人名を検索するだけで、永遠に凶悪犯になってしまいます。

これを防ぐには、実名報道しかないです。
どちらも非公開であれば、
【「どこかの誰か」が「どこかの誰か」を殺したので、警察は「どこかの誰か」逮捕した】となってしまいます。

これでは、警察はやりたい放題です。
権力の暴走を防ぐためにも、どちらの実名や情報は公開すべきというのがオイラの考えです。

- 斎太郎 - 2015年03月16日 20:38:47

未成年であれ、加害者がどこの誰なのかをはっきりさせたほうがいいのは
一理あるかもしれない。事件の内容によってはね。
でも、容疑者の時点ではなくて、最初の裁判で有罪判決が出てからでも
いいかも。ベストなのは有罪確定後だけど、それは時間がかかる。

いわゆる私刑の話は、報道の匿名・実名とは別の問題だろうね。

加害者・被害者が匿名だと、事件のでっち上げが可能なのは
その通りだね。すぐに卒業アルバムを持ち出したり、
どこの誰ともわからない自称関係者に話を聞く
マスコミの姿勢に問題があるのかもしれない。

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...