メガネをつくった
2014.12.24

先日、メガネを新しくつくった。
それまで使っていたものはだいぶ長く使っていて、
度が合わなくなってきていたし、レンズの傷も多かった。

どんなフレームにするべきか、いくつか店舗を回って
下調べをしたけど、どれもイマイチだった。選べない。
どれが自分に似合うかわからず、かといって冒険するほどの
経済的余裕もなく、結局それまで使っていたのと近いデザインの
フレームにした。


新メガネを受け取ったとき、いわゆるフィッティングが
一切なくて、ちょっと疑問だった。
「見えかたはどうですか?」と聞かれただけで、
耳や鼻へのかかりかたのチェックはなかった。
普通はするものだと思っていたけど、そうでもないのかな。
ハズレの店員さんだったのか。
(保証についての説明はあった)

購入前に試しにかけてみたときに問題がなかったので
大丈夫だと思うけど、チェックがなかったのは変だと思う。
(変だと思うならそれなりに指摘すればいいんだけど、
話の流れでそのまま店を出た。これは悪いパターン)


購入したのは、いわゆる安売りの店。
フレームとレンズで1万円もせずに買えたのはよかったけど、
メガネは医療機器でもあるから、靴や本と同じような
商品受け渡しはちょっとちがう。

思えば、その店には検眼コーナーをのぞくと
本屋のようなレジカウンターがあるだけだった。
ある程度時間をかけてフィッティングをするなら、
客を座らせるイスやテーブルがあるはず。
店のつくりからしてイマイチだったのかもしれない。
(いろいろと器具がおいてあったので、
フィッティング(調整)をしないわけではない)


これから(初めて)メガネをつくろうと考えているなら、
処方箋は眼科でつくることをおすすめします。
眼科にも当たりハズレがあるけど、メガネ店よりはまともだ。
私も眼科で処方箋をつくってもらいました。

どこのメガネ店で買うかは自由だけど、
安さだけで決めるのはおすすめしません。
初めてならなおさら。
上で書いた「イスとテーブル」がヒントになるかも。
(支店によって広さや構造がちがうので一概にはいえない)

そして、違和感があるときはどんどん調整してもらうこと。
きちんとかけられないメガネを使い続けるのは
視力悪化の原因にもなるから。
視力が悪くなって得をすることはありません。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...