映画を観たくなる 「レゴムービー ザ・ゲーム」その2
2014.11.11

<ネタバレなし、攻略情報なし>
クリアしました。満足度はわりと高かった。

反面、いろいろ惜しいなあという気持ちもある。
プレイ中、2回も進行不能のバグに遭遇した。

最初は仲間のキャラがうまく後ろをついてこなくて、
穴にはまって動けなくなっていた。
(キャラごとに特殊能力があるので、
動けないキャラがいると先に進めなくなる)
2回目はイベントシーンが終了したのに
次のシーンに切り替わらず、フリーズした。

「レゴムービー」はアクションゲームとしては
難易度は低いけど、それでも自分の意思とは無関係に
やり直しを強制されるのはイヤなんだよね。
前回指摘した不親切さと合わせて、惜しいなあと。
テーマがレゴブロックなだけに、もっと丁寧につくったほうが
プレイヤーの満足度が上がると思う。
海外製作のゲームにありがちな悪いところが出ちゃってる。

難易度は低いと書いたけど、これは問題ないと思う。
ゲーム世界を体験する意味ではちょうどいい。
レベル上げとかお金を貯めるとかの要素がないので、
比較的テンポよく進む。
(正確にはお金を貯める要素はあるけど、
あまり気にしなくていい)

イベントシーンが長く続くようなゲームではなくて、
「自分が動かしてる」「冒険してる」という操作感は味わえる。
リトライを繰り返して、「壁」を乗り越えていくような
ゲームもいいけど、そうしたゲームとは違う方向性で
お気楽なのも悪くない。
(難易度低いとはいえ、どうやったら進めるんだろう?と
思った場面や、ちょっとめんどうな敵はいた)


レゴブロックという素材は最高だった。
これは「レゴシティ」をプレイしたときと同じ感覚だけど、
ゲーム全体がレゴだから、いろいろなものを組み上げることに
違和感がないし、壊す表現もうまくできる。
キャラクターもパーツの取り替えができるのが普通だから、
体がバラバラになっても表現上問題なし。
レゴだから、おもちゃの世界だから、で説明がつくのはすごい。
やたらと緻密な描写をする必要がないよさがある。


「レゴムービー」は、ストーリーもまあまあよかった。
ただしゲームではダイジェスト版みたいな感じで、
ちゃんと映画版を観たくなった。

ゲームとしてはわりと満足しているけど、
本来レゴブロックを楽しむであろう年代の人には
ちょっと勧めにくい。映画を観たほうがいいかもしれない。

前回の記事は下記参照
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-2986.html


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...