任天堂の新事業は「睡眠と疲労」
2014.10.30

任天堂の決算説明会で、来年開始予定の新事業について
続報が語られた。健康がテーマだとされていた新事業は、
睡眠と疲労に注目したものになるそうだ。

岩田社長による説明。
新事業の話は最後にあります
http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/141030/index.html

今回の説明を簡単に紹介すると、

マイクロ波を照射する機器を使って、心拍数などを計測する。
このデータをもとに、よく眠れているか判断する。
利用者は普通に寝るだけでよく、体に器具はつけない。
寝具もそのままでいい。

マイクロ波を出す機器を枕元(または布団やベッドの横)に
置くだけで自動的に計測される。操作は不要。
計測データはネット送信されて内容を分析、
起きているあいだの生活改善について提案する。
うまく改善されれば、よく眠れるようになる。

アメリカの医療機器メーカーや日本の医療関係者と提携する。

今回判明したのは以上。
ようするに、時計を枕元に置くような感覚で専用の機器を置き、
よく眠れているか、疲れていないかを判断・改善してくれる
サービスであるらしい。

まだわからない部分が多いけど、
今回の話では任天堂的要素がどこに入るのかわからない。
新事業は任天堂がもつ娯楽のノウハウを活かせることが
ポイントとされているけど、どうなるんだろう。

睡眠の診断はともかく、疲労の診断は難しそう。
肉体的疲労と精神的疲労を区別できるのかな。

マイクロ波を出す機器については、電源が気になる。
あまり操作しなくていい機器だそうだから、
できるだけ電源が持たないといけない。
充電池を使うとして、フル充電から最低でも1か月はもたないと
ダメだと思う。


最後にもうひとつ気になったのは、
きのう(10月29日)のワールドビジネスサテライトで
似たような機器が紹介されていたこと。
(トレンドたまごのコーナー)

録画して見たわけではないけど、
任天堂の事業で使われるものと同様にマイクロ波を使って
人間の心拍などを計測する技術が紹介された。
これも体に器具はつけない。
任天堂が想定しているものと根本は同じだと思う。

番組で紹介されたのはシャープが開発中の技術だった。
シャープは任天堂とつきあいが長いメーカーだけど、
まさか関係者が前日に情報を出すとは思えない。
なにかの牽制だったのかな。

番組で紹介されたものは、器具は小さめで、
薄い壁のむこうにいる人間の心拍も計測できた。


この記事へのコメント

- tos - 2014年10月31日 00:18:54

似たような機器とは、これのことですね。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_77788/

単純に考えれば、任天堂がシャープにセンサを作ってもらう、という
ことですが、まったく関係ないのかも?

気になるのは値段です。
1万円では高すぎる。5千円でもまだ高い感じがします。

とは言え、出たら私は買う予定です。
(スマートフォンを持っていなくても楽しめればですが。)


tos.

- 斎太郎 - 2014年10月31日 23:36:22

はい、これですね。
シャープに製造を依頼する可能性はありそうだけど、
発表前日に公表したとなると、無関係の可能性も高そう。

価格は、計測機器の価格のほかに
診断料が月単位(または年単位)で必要だろうと思います。
最初の半年くらいはキャンペーンで安くなりそう。

- tos - 2014年11月03日 03:37:58

>価格は、計測機器の価格のほかに
>診断料が月単位(または年単位)で必要だろうと思います。

ハードの価格は抑えて、サービス料金で赤字を埋めるような料金
形態になるかも知れませんね。
それでもいいですが、長く使うと割高感が出てくるようにはして欲しく
ないです...。


tos.

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...