アーキテクチャ統合とNewニンテンドー3DS
2014.09.26

2013年1月、任天堂の経営方針発表会で岩田社長から
「ゲーム機のアーキテクチャ統合のプロジェクトを
2012年から始めている」と語られた。
http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/130131/index.html
この話題は最後のほうです。

アーキテクチャ統合というのは、現在の例でいうと
Wii Uとニンテンドー3DSの基本部分を共通化させることを
さすらしい。プログラムや素材を相互に使えたり、
移植がしやすくなったりするそうだ。
(ゲーム機がひとつになるわけではない)

来月発売のNewニンテンドー3DSは、
このプロジェクトの成果がふくまれた設計だろうと思う。

結果として、なにかどうなるかは不明だけど、
現在発表されているNew3DS専用ソフトの「ゼノブレイド」は
プロジェクトの成果として移植作業が
少しは簡略化されているのかもしれない。

プロジェクトがうまくいっていれば、New3DS専用ソフトを
Wii Uで動かすのもむずかしい話ではなさそうだ。

携帯機と据置機で同一のソフトが動いて、
セーブデータを共有できる例は他社がすでにやっている。
だから画期的というわけではないけど、
同じソフトのWii U版とNew3DS版が同時発売されるのも
そう遠い話ではないかもしれない。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...