新3DS発表 ニンテンドーダイレクト8/29
2014.08.29

新しいニンテンドーダイレクトが公開されました。
今回はニンテンドー3DSがテーマ。約33分。
体調が心配された岩田社長も登場して、
復帰にふさわしい大きなニュースがありました。
(岩田社長はメールによる仕事はしていたが、お盆明けから
出社を伴う業務を再開したとのこと)

今回のニンテンドーダイレクト
http://www.nintendo.co.jp/nintendo_direct/20140829/index.html
上記サイトのほか、YouTubeの公式チャンネルや
http://www.youtube.com/user/NintendoJPofficial
ニンテンドー3DSでニンテンドーeショップにアクセスしても
見られます。

● 3DS本体更新で新機能

本題に入る前に本体更新の話。
10月に実施される本体更新で、メインメニュー画面の
背景やフォルダ画像を変更できる機能がつく。

画像変更用データは有料販売のものもある。
特定のソフトを購入した人向けに特別なデータを
ダウンロードさせる企画もある。
(この機能は下記のNew 3DSでも使える)

● New ニンテンドー3DS 10月11日(土)発売

ニンテンドー3DSの新型が発売されます。
従来通り、普通サイズの3DSと大きな3DS LLがあります。
この話は今回のダイレクトの14分すぎから始まります。

10月11日(土)発売。日本先行発売。
3DSが16000円(税別)、3DS LLが18,800円(税別)。
両方とも、ACアダプタはつかない。
現在の3DSのものがつかえる。
ほぼすべての3DS用ソフトが遊べる。

本体カラーは、New 3DSがホワイトとブラック。
New 3DS LLがメタリックブルーとメタリックブラック。

充電台も別売りで、3DS用が1000円(税別)、
3DS LL用が1200円(税別)。
電池の持続時間は両機種とも少し長くなった。

画面の大きさは、New 3DSは現在の3DSより1.2倍大きく。
New 3DS LLの液晶サイズはそのまま。

新たに「Cスティック」を本体右側に追加。
スライドパッドと同じような操作が右手でもできる。
ハード設計チームの自信作。
ZR、ZLボタンも追加。

CPUが強化されている。
これまでの3DSソフトをプレイしたときの変化はない。
New 3DS専用ソフトも開発中で、
その1本が「ゼノブレイド」。2015年発売予定。

裸眼立体視の「ブレ防止機能」を追加。
3DS本体のカメラでプレイヤーの顔の位置を認識、
ジャイロセンサーと組み合わせて画面を調整。
画面を見る角度が少しずれても立体視が乱れない。

同梱されるSDカードは、マイクロSDカードに変更。
カードスロットはバッテリーカバーを開けた場所にある。
無線LANを経由してデータをPCに送る機能がついた。
同梱されるカードの容量は4GB。
大容量のカードを使っている場合は
データ引っ越しに注意。自分でマイクロSDカードを用意。

New 3DSのみ、「きせかえプレート」で外観を変更できる。
発売日に38種が用意され、年内に50種程度に増える。
価格は1000円(税別)から。
new 3DS LLでは使えない。

3DS本体に内蔵されているソフトの変更は不明。

追記 公式サイトのQ&Aによると、現状の3DSの側面にある
無線通信のON/OFFを切り替えるスイッチが削除されました。
HOMEメニューで切り替えます。
個人的にはとても残念な変更。

ニンテンドー3DS 公式
http://www.nintendo.co.jp/3ds/index.html

ニンテンドー3DSはそろそろ次世代機が発表されても
おかしくない時期だったけど、
次世代機ではなく延命策をとった。
これは3DSが好調だからだろうね。
本体システムを大きく変えるよりもリスクが小さい。
任天堂にとっても、ソフトメーカーにとっても。

Wii Uがまだ好調とはいえないようなので、
結果としていい判断になったのかもしれない。
これで最低でも2年は次世代機はないと思う。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...