敵キャラを操作できるということ
2014.08.05

来月発売になる「ゼルダ無双」のニンテンドーダイレクトがあった。
「ゼルダ無双」は、無双シリーズのシステムに「ゼルダの伝説」の
世界設定やキャラクターをあてはめたもので、
操作キャラクターもシリーズの枠をこえて用意されている。

今回のダイレクトによると、ゼルダシリーズでは敵キャラとして
登場するギラヒムやガノンも操作キャラとして用意されるそうだ。

敵としてプレイヤーに立ちはだかったキャラを操作できるのは
一般的には朗報として受け止められるみたいだけど、
個人的には以前からちょっと複雑な気分でいる。

古い話を例としてあげれば、「ストリートファイター2」の
ラスボスであるベガ、「バーチャファイター」のラスボスである
デュラルが操作キャラとして登場したのはちょっとイヤだった。
敵はあくまでも敵としていてほしいというか、
プレイヤーの管理下に入らないでほしい気持ちがあった。

「操作してみたい」という気持ちは生じるかもしれないけど、
それを実現してしまうのは興ざめというのかな。
(デュラルは裏技で操作キャラにできただけかもしれない。
今はよく覚えてない)

操作キャラが増えるのは、プレイヤー(ファン)に対して
豊富な選択肢を用意することであって、
イヤなら使わなければいい。
まあ結論としては、気にしなくていいってことだ。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...