「歴史はくりかえす」というが
2014.07.21

「歴史はくりかえす」という言葉がある。
栄えていたものが衰退して、別の勢力が栄えて、
それがまた衰退して別の勢力が…という歴史の山と谷をあわらす言葉だ。

ほかにも、失敗例がすでにあるのに、同じ原因でまた失敗したり、
ファッションの流行のくりかえしをしめす場合もある。

ファッションは比較的わかりやすくて、流行のスカートの丈が
短くなったり長くなったりするらしい。
また、親世代の若いころに流行したファッションが、
その子ども世代から見ると逆に新鮮に見える場合もあるとか。

そうしたことがゲーム分野にもあるのかな、という話。
あるか・ないかでいえば、すでにある。

ファミコンで「スーパーマリオブラザーズ」が人気になって、
その後ニンテンドーDSで「Newスーパーマリオブラザーズ」が
人気になった。「Newマリオ」はシリーズ化している。

ヨコかタテのスクロールしかできなかった2Dの時代から
ポリゴンによる3Dの時代になった。
そんな時代にふたたび2Dでマリオをつくるのは
任天堂社内でも疑問があったみたいだ。
しかし結果としてうまくいった。
(社長が訊く「New スーパーマリオブラザーズWii」の
こちらを参照)

「Newマリオ」の成功や、開発費がふくらむ一方の状況を受けてか、
2Dスクロールのアクションゲームはいろいろ登場している。
しかしアクション以外のジャンルだと、昔風のゲームは
あまりない(目立たない)ように思う。
「グラディウス」や「ツインビー」みたいな、シューティングゲームは
息を吹き返す可能性があるかもしれない。


ソフト以外だとどうだろう。
昔の携帯ゲーム機は対戦するときにケーブルで本体をつないだ。
現在でもケーブルで接続したほうが高速で安定した通信が
できそうだけど、高速通信を活用できるゲームはあるだろうか。

ケーブルといえば、コントローラのワイヤレス化も歴史の流れだ。
そこをあえてケーブルで接続して、充電や電池交換が
不要になるのは現在でもメリットになると思う。
でもワイヤレスの魅力は捨てがたいけどね。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...