音声入力
2014.06.20

今年の9月4日に発売予定のXbox Oneの記者向け発表会が
開催された。同時発売になるソフトが紹介されたほか、
日本語による音声入力の実演も行われた。
今回はその音声入力についての話。

その前にXbox Oneの同時発売ソフトを見ると、
現状では地味なスタートになりそうな印象を受けた。
Xbox360の所有者でないとあまり興味がわかないと思う。
所有者さえ、「急いで買わなくてもいいかな」と思うかもしれない。

音声入力の話。
Xbox Oneでは、周辺機器のキネクトを使って音声を認識して
本体メニューなどを操作できる。
記事によると、音声による操作をするときは
最初に必ず「エックスボックス」と発音しないといけないらしい。
「エックスボックス オン」で電源オン、ソフト名をいえば
そのソフトが起動するらしい。

いちいち「エックスボックス」といわないといけないのは
面倒だし、はずかしい感じもする。
しかしほかの機器も、なんらかのセリフ(操作)で
「これから音声入力しますよ」というアクションをしないといけない。
たとえばGoogleのPCむけ検索では「OK Google」といわないと
いけないらしいし、iOSのSiriも次のバージョンから「ヘイ、Siri」と
呼びかけることでボタン操作なしで音声入力を開始できる。

ひとりごとや会話なのか、それとも音声で操作したいのか、
そう遠くない将来には区別がつくようになっている気がする。

話をXbox Oneにもどすと、キネクトにはカメラもあるから、
部屋のなかに人間が何人いるか認識できると思う。
少なくとも、周辺にいるのが複数か、ひとりかは判断できそうだ。
もしひとりなら、「エックスボックス」という合言葉なしでも
操作できるようになったらいいのにね。

しかし将来、音声で操作できる機器が増えてくると、混乱しそうだ。
「電源オフ」といったらテレビもゲーム機もエアコンも照明も
みんなオフになりかねない。
操作対象を決めるなんらかのアクションは不可欠なのかもしれない。

そもそも音声入力が必要(快適)なのか、という疑問はあるけど、
バリアフリーとしてはかなり役に立つと思う。
じわじわと音声入力対応の家電が増えるだろう。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...