人気マンガのアニメ化
2014.04.07

4月は物事の切り替えの時期。
テレビだと新番組が始まる時期で、新アニメも多い。

マンガや小説で人気のあるものがアニメ化される場合が多い。
オリジナル企画は成果が予測しにくいので
企画が通りにくいらしい。

人気作品がアニメや実写映画になるのはわかるけど、
そうした作品は連載中や刊行途中で未完の場合が多い。
その状態でアニメや映画にするのはどうなんだろう、と
ちょっと疑問に思った。

原作に忠実にアニメ化すると、原作が未完ならアニメも終わらない。
うまくキリのいいところで最終回ならいいけど、そうもいかない。
アニメしか見ていない(原作を知らない)人は
「え、ここで終わり?」という印象を持つと思う。
(商売としての結果がよければ、つづきが制作される可能性も
あるが、一般的な視聴者の多くは知らない)

アニメオリジナルの結末を用意する手もあるけど、
それもむずかしい。うまく「着地」させるのがむずかしいし、
キレイに着地してしまうとつづきを制作しにくくなるかもしれない。

アニメを気に入った人を原作に誘導して、
原作人気がさらに高まったらアニメのつづきをつくる、
という循環が制作側のねらいかもしれないけど、
中途半端が前提のアニメ化ってどうなんだろうね。
アニメが、原作の広告や誘導装置でいいのかな。

原作の完結を待ってからアニメ化しても遅い。
完全に旬を逃がすことになる。それはわかるけどね。
「つづきを知りたければ原作を読んでね」というのも
ちょっと違う気がする。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...