Wii Fit Uにデータ解析の企画があったらよかった
2014.03.25

「Wii Fit U」で、プレイヤーのデータを集計・解析して、
健康づくりに役立つ研究ができたらよかったのにね、という話。
今さら感のある話だけどね。

今年の2月から店頭販売が始まった「Wii Fit U」は、
体重の記録や重心の移動を計測するトレーニングにくわえて、
活動量計のデータもあわせて健康管理ができるようになった。

活動量計でわかるデータは、歩数や消費カロリーのほか、
高度の変化(建物内での上下移動など)、
活動の強さ(歩いているか、走っているか)などもわかるそうだ。

これだけいろいろなデータを計測・記録できるなら、
データを(匿名で)収集して、日々の活動と体重の関係などの
研究ができると思う。大学やスポーツ用品メーカーが行う研究よりも
大規模にデータが集まりそうだよね。

プライバシー度が高いデータなので、匿名であってもデータ提供は
イヤだ、という人もいるだろうけど、応じる人は国内だけでも数千人は
いると思う。

収集したデータから「ほかのプレイヤーはこれくらい運動している」とか
「体重の減少にはこれくらいの活動量が必要」などがわかると、
「Wii Fit U」を継続する気持ちも強まると思う。

かつて、3DSの「鬼トレ」ではデータ収集と分析が行われた。
発売から2ヶ月後のデータ分析が1回あっただけだけど、
プレイヤーは興味深く結果を見たんじゃないかと思う。

ゲームでのオンライン活用というと、対戦や協力プレイがメインだけど、
データの収集と分析がもっと行われてもいい。
競争をあおるようなものではなくて、「ほかの人はこんな感じですよ」
みたいな感じ。たとえば「とびだせ どうぶつの森」なら、
部屋に置いている家具の数の平均とか、人気のある公共事業とか。
こうしたデータがあると、プレイを継続させる要素になりそう。

「Wii Fit U」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/astj/index.html
「ものすごく脳をきたえる 5分間の鬼トレーニング」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/asrj/index.html


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...