出版不況とコンビニ雑誌売り場
2014.02.08

出版物の売れ行きが悪くなっているという話は
何年も前から聞くけど、コンビニの雑誌売り場は
あまり変わっていない気がする、という話。

出版不況という言葉はめずらしくない。
単行本とか雑誌とかの種類に関係なく、売り上げが落ちているそうだ。
右肩下がりのグラフも何度か見たおぼえがある。

実際、ゲームとかパソコン関係の雑誌が何誌か休刊(廃刊)に
なっているし、利用していた本屋が閉店になったこともある。
競争の結果でもあるだろうけど、出版全体として状況が悪いのだろう。
本屋の閉店は買いかたの変化(ネット通販の台頭)も影響しているだろうけど。

そこでふと思ったのが、状況がきびしいとはいうものの、
コンビニの雑誌売り場はあまり変化がないような気がする。
売り場が縮小してもおかしくなさそうだけど「せまくなったな」という印象はない。

これはどうしてだろう。

実は縮小している可能性はある。
最近はプリペイドカード売り場が広く取られていることが多いし、
ATMの設置もある。昔よりは小さくなっているかもしれない。

雑誌は売れなければ返品できるはずなので、
売れ行きに関係なく一定量の雑誌を仕入れて、一定の面積を
確保しているのかな。でもコンビニは広々としている店ではないから、
売れ行きの悪いものを並べたいとは思わないはず。
立ち読みさせないようにガッチリとガードしている店もある。
一定の売り場を確保する代わりに、どこかから収入があったり?

ある程度売れる見こみのある雑誌を、在庫数多めで仕入れるのかな。
扱う雑誌の種類を減らして、1誌あたりの在庫を増やせば、
総数は変わらない。


コンビニの雑誌売り場に明らかな変化をもたらすほどの
危機的状況ではないということなのかな。
コンビニに変化があるなら、駅の売店も変化があるはずだし。
(駅の売店はほとんど利用してないけど)


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...