2013年、自分のゲームプレイをふりかえる
2013.12.28

毎年、その年に買ったゲームのなかから
特に印象深い3本を選ぶ記事を書いています。

しかし、東日本大震災の義援金にするため、
ゲームを買う本数を減らしています。
そのため、ベスト3を選ぶほど買っていない。
今年買ったのは以下のもの。

「スーパーマリオワールド」(バーチャルコンソール)
すれちがいMii広場のゲーム
「レゴシティ アンダーカバー」
「だるめしスポーツ店」(買ったミニゲームは2個くらい)
「ゼルダの伝説 風のタクトHD」
「グランド・セフト・オート5」
「スーパーマリオ 3Dワールド」

一番印象的だったのは7月発売の「レゴシティ」。
レゴブロックの世界をうまく使っているゲームだった。
おもちゃの世界だから、多少の無理(破壊行動など)は
問題ないし、新しい建物を建てたりもできる。
それでいてオープンワールドで、日本語翻訳も演技もバッチリ。
かなり完成度が高い。

買ったときの話
暴れん坊警官 「レゴシティ アンダーカバー」その1
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-2732.html
Z指定ではないよろこび 「レゴシティ アンダーカバー」その2
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-2734.html

「レゴシティ アンダーカバー」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/aplj/index.html

ゲームではないけど、ゲームパッド用の大容量バッテリーは
買って損はなかった。
個人的には、電池の残りを気にすることがかなり減った。

バッテリーを買ってから少したったときの話(2013.8.11)
「Wii Uゲームパッド用大容量バッテリーはやっぱり長持ちする」
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-2740.html


今年のゲーム業界をふりかえってみると、
PS4とXbox Oneが発売されたことが一番のニュースかもしれない。
ただし、発売そのものよりも日本が後回しになったことがニュースだ。
日本市場の存在感が低下していて、在庫をアメリカなどに
集中させたかったのだろう。

「日本人の好みにあうゲームがそろってから出したい」という
見かたもあるみたいだ。それが本当なら、それはそれで問題だ。
世界的な発売日に開発を間に合わせることができなかったのだから。
(海外メーカーも現行機とのマルチをやってごまかしてるけど)

任天堂の山内前社長が亡くなったのも大きなニュースだ。
経営にあまり関わらなくなってから時間がたっているとはいえ、
ファミコンやスーパーファミコンの時代を築いた人物が
この世を去ったのは大きな節目だ。
週刊ファミ通がこのことを大きく取り上げなかった(?)ことも
記憶しておきたい。

スマホやSNSの広がりのせいか、ゲームの画像を公式に
投稿できるようになったのは新しい動きだ。
任天堂は3DSとWii Uで画像投稿用のツールを用意した。
PS4やXbox Oneでは動画配信までできるので、
明らかに時代が変わっている。


2014年はどうなるだろう。
スマホやPCでプレイするゲームの存在感が増しているので、
ミリオンセラーが生まれにくい状態は続きそうだ。
それでいて開発費はかかるので、冒険するメーカーは
ますます減るかもしれない。

ソフトメーカーも、チームを家庭用ゲーム機ばかりに
投入しなくなるので、新作が発売されない空白期間が
発生しやすいかもしれない。

シリーズもの(改良版・完全版)とマルチ展開で、
どの機種を買っても同じような品ぞろえになるとしたら、
あまり好ましいことではないと思うけどね。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...