任天堂がオンラインサービスをやるハードル
2013.12.26

任天堂のオンラインサービスで障害が続いている。
ニンテンドーeショップなどにアクセスしにくくなっている。
クリスマスでアクセスが増えたのが原因のひとつだが、
12月10日に行われたニンテンドー3DSの本体システムの
更新がアクセス増加の原因みたいだ。

それに加えて、ニンテンドーネットワークIDの登録キャンペーンや
12月25日と26日限定のダウンロードソフト割引、
ポケモンバンクの開始なども始めている。

これだけいろいろやって、時期がクリスマスであれば
アクセスが増えて当然だ。それを見通せずに
障害がおきたのは「食べ過ぎたら太った」というくらいの
自業自得といえる。

最新情報としては、ポケモンバンクの提供は一時停止になった。
http://www.nintendo.co.jp/support/information/2013/1226.html
今回の障害の原因なども上記参照


で、今回書きたいのはこうしたオンライン上のトラブルが起きると、
事情がわからず混乱する人が多いだろうなということ。

ある程度オンラインゲームやネット関連にくわしい人でも、
エラーが表示されたり「時間をおいてまたどうぞ」みたいな
画面が続くと、ちょっとあせると思う。
サーバーの稼働状況を確認できるのは、
ある程度知識があって、落ち着いた人だけだ。
(状況を知りたくても、公式サイトが表示されない場合もある)

これが通信設定や本体更新もよくわからない人だと、
よけいに混乱すると思う。問題が自分にあるのか、
相手にあるのか、判断しにくいと思う。
しかも買ってきたソフトを楽しもうとしたところの
仕打ちだから、あせるしイライラもする。
問い合わせの電話番号はこうしたときにはつがらないものだ。
「公式サイトを見る」ということも頭に浮かばないかもしれない。


そういう意味で、任天堂がオンラインサービスを実施するのは
他社よりもハードルが高いのかもしれない。
シンプルにつながって当たり前だから。
少々混雑していても、エラー番号だけで返すのはダメなんだろう。
「しばらくたってからもう1度試して」も、あいまいすぎてダメ。

スムーズに接続させるにはどうするかを考えるのは当然として、
つながりにくくなったときにどうフォローするかが大事なんだろう。

どのサービスでも「困ったら公式サイトを確認しろ」が原則。
任天堂のオンラインサービスの場合、稼働状況を知らせる
ページがあります。3DSやWii Uのオンラインサービスに
アクセスできない場合はここを見るのがいいです。

ネットワーク メンテナンス情報・稼働状況
http://www.nintendo.co.jp/netinfo/ja_JP/index.html
このページで問題ない場合は、各ソフト・本体の公式サイトで
情報を確認してみる。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...