ゲームキャラに体つきの変化があったらいいのに
2013.12.19

キャラクターが成長するゲームは多い。
強くなるにしたがって、外見に変化がある場合も多い。
しかしその多くは着せ替え人形的。
もっと自然な体型の変化があってもいいのに、という話。

アニメ版の「赤毛のアン」を見た。
正確に言うと見ている途中なんだけど、最終話まで録画してある。
現在公開中の「かぐや姫の物語」の高畑勲監督による
地上波で放送されたものだ。全50話。

「赤毛のアン」は原作がおもしろいけど、アニメ版もおすすめ。
強くおすすめできる。地上波の作品とは思えないほど
活き活きと動いている。古い作品であることを感じさせないと思う。
お金を払ってレンタルしてでも見る価値はあると思う。
(ただし、やはり作業量に無理があったのか、
中盤以降には動画の乱れが出てくる)

第1話でアンが登場したときは、12歳くらい。
そのあと、第30話台で劇中で3年か4年が経過する。
そのあたりにくると、アンの描写(作画)が女っぽくなってくる。
「成長しました」と明らかに見せる回もあるけど、
その前からそう感じる。これはキャラデザインとして
変化を出しているらしい。

昔を回想するシーンがあって(部分的な再放送)、
そのシーンのアンは小さくて細い女の子。
明らかに体型に変化を出している。

「ドラゴンボール」では悟空が少年から青年に成長するけど、
ああした劇的な、わかりやすい変化ではないのがいい。
木が育つような、ふと気づいたら大きくなってた、というような
味のある表現。


前置きが長くなったけど、こうした外見の変化が
ゲームにもあったらいいんじゃないかな、と思ったわけ。

現状のゲームだと、キャラの外見が変わるとしても
能力値と装備品の違いで成長をしめす場合がほとんど。
髪型を変えたりもできるけど、だいたいが着せ替え人形的。

最初は細かった少年が、剣を振っているうちに
ガッチリした体型になってくる、みたいなのがあっていいと思う。
最初からプレイしなおしたら驚くような感じで。
だんだん髪が薄くなってくるとか、白髪がまじるとかでもいい。

体つきの変化はいらないという人は当然いるだろうし、
ジワリジワリとした変化は気づきにくいから
わざわざ表現する必要はないかもしれない。
制作側の負担が増えるのはまちがいないからね。

体つきの変化があったほうが、生きている感じが出そうだ。
能力値やアイテムの違いだけなのはさびしい。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...