無重力体感映像 「ゼロ・グラビティ」
2013.12.14

<ネタバレなし>
先日から公開が始まった「ゼロ・グラビティ」を観た。
かなりおもしろかった。おすすめ。
まさに劇場で観るべき映画。アトラクション的に楽しめる作品。
観たのは3Dの吹き替え版。


宇宙飛行士が船外活動中、ある事故によって衛星の破片が
大量に飛散する。それに巻きこまれた女性飛行士のライアンは
宇宙船から切り離され、宇宙空間に投げ出されてしまう。
はたして無事に帰還することはできるのか。


物語は一難去ってまた一難、絶体絶命の連続。
開始直後の数分以外はなにかしらの危機が起きている。
こんな感じなので、上映時間が短く感じた。
(感覚としては、上映前の予告編のほうが長いくらい)

映像はかなりいい。
薄暗い劇場が宇宙になって、自分も宇宙空間を
ただよっているかのような感覚を味わった。
どうやって撮ったんだろう、というシーンが多い。
この感覚は家でブルーレイを再生しても味わいにくいと思う。

3Dもよかった。
3D上映は追加料金の価値がないと思うことが多かったけど、
これは満足度が高い。まあ2Dでもいいと思うけど。

話の流れは、けっこうベタな展開が多い。
序盤の時点で「このミッションは悪い予感がする」という
セリフがあったりして、「お約束」はいくつかある。

なかには「いやいや、それは無理でしょw」といいたくなる
シーンもあるけど、野暮なツッコミを吹き飛ばすような
リアリティのある(そう信じさせるに充分な)映像になっている。
BGMの効果も大きい。

一番印象的なシーンは、ライアンが宇宙服を脱ぐシーン。
静かなシーンではあるけど、解放感に満ちている。
ラストシーンもいいけど、くわしくは書けない。

「ゼロ・グラビティ」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/
音が流れます


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...