いまだに聞かれる「若者の車離れ」
2013.11.26

先日、東京モーターショーが開催された。
今年も「若者の車離れ」が話題のひとつだったみたいだ。

この話、もう何年も前からいわれている。
どうしてそんなに若者世代に買わせようとするのか、
よくわからない。

今の若者世代は、人口が減る傾向で、経済的にも余裕があるとは
いえない状態になっている。老後に受け取るはずの年金も不安定だ。
また、都市部であれば、自家用車は必ずしも必要ない。
公共交通機関があるし、レンタカーやカーシェアリングもある。
こうした人たちに高額な買い物をさせるのは無理がある。
(買えば終わりではなく、燃料代や維持費もある)

高齢世代に車を買い替えさせる手も検討したらいいのにね。

若者世代のほうが運転技術(反応速度)がいい傾向にあるし、
肉体的にも健康だから、自動車販売の客として無視できないということか。

自動車事故の大半は運転手の操作(判断)ミスで
起きていると思う。アクセルとブレーキをふみ間違えて
コンビニに突入するのがいい例で、高速道路の逆走もよくある。
交差点での事故もそう。飲酒運転は根本的な判断ミスだ。

そう考えると、最近話題の自動運転技術の研究はおもしろい。
完全自動とはいかなくても、人間の運転をサポートする技術が
発展すれば、みんなが安全に楽に運転できて事故も減る。
買い替え需要が増えそうだ。

運転免許の取得と維持のハードルを上げるならともかく、
現状のままでいくのなら、「なるべく人間に操作(判断)させない」のが
自動車業界の未来を明るくしそうだ。

こうしたサポート技術があっても、お金がなければ車は買えない。
安くて、サポート技術つきで、デザインもそれなりにいい車は
なかなか作れないと思う。国内で車販売を大きくのばすのは
むずかしいかもしれない。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...