役者陣に拍手 「かぐや姫の物語」
2013.11.23

今日から公開の「かぐや姫の物語」を観てきた。
高畑勲監督のひさしぶりの新作。
結論からいうと、みんなも劇場で観なよ、と強くおすすめはしない。
悪くはないけど。

「竹取物語」を映像化したもので、話の流れはほぼ忠実。
演出のせいか、娯楽としては盛り上がりに欠け、
上映時間もやや長い。小さい子は途中で飽きると思う。

予告編を見た段階で、「作画はスゴイんだろうけど、
ストーリーとしては今ひとつなんじゃ…?」という予感があった。
その予感はほぼ当たった。
変にオリジナルストーリーにしなかったのは好印象なんだけどね。

作画技術はまさしく世界のトップレベル。
「ホーホケキョ となりの山田くん」で使った手法を
バージョンアップさせた感じ。この絵柄で動かすのは
素人には想像できない苦労があると思う。
「ポニョ」や「風立ちぬ」とは方向性の違う職人芸。

ジブリでなければ企画が通らないだろうし、
技術的にも他のスタジオではむずかしかっただろう。
技術のハードルをクリアできたとしても、
実現する予算を集められなかったと思う。
いろいろ貴重な作品ではある。


作画が注目を集めるのは当然だけど、
個人的には役者陣の演技がよかった。
誰一人として「ハズレ」がない。
この作品では作画作業よりも先に声を収録したそうだ。
これが功を奏したのかもしれない。

なかでも印象的なのは竹取の翁を演じた地井武男さん。
お亡くなりになっているのがあらためて惜しい。
失礼ながら、「北の国から」が終了したあとは
地井さんの演技を目にする機会はほとんどなかった。
それだけに、今回「こんなに演じられる人なんだ」と思ってしまった。
ほんとに失礼なんだけど。


「竹取物語」なので、あらすじは誰もが知っていると思うけど、
できれば古典の現代語訳を読んで、ストーリーをおさえておくと
いいかもしれない。「どんなストーリーなんだろう」というよりも、
「どう映像化するんだろう」という視点で見たほうがいいと思う。

「かぐや姫の物語」公式サイト
http://kaguyahime-monogatari.jp/

この調子で「浦島太郎」とかも映像化してください…と
お願いしたいけど、もう無理だろうなあ。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...