この街にヒーローはいません「グランド・セフト・オート5」
2013.10.12

<攻略情報はありません>
Xbox360版の「グランド・セフト・オート5」(GTA5)買いました。
Xbox360のソフトは店で入荷量が少ないので、
1日遅れになるのを覚悟でAmazonで注文したら発売日に届いた。
通常発送でね。たまたまかもしれない。

このシリーズは名前は知っていたけど、プレイするのは
今回が初めて。オープンワールドで自由度が高いと聞くと
興味をひかれた。

このゲームはZ指定。18歳未満は買えない。
これまでにいろいろZ指定のゲームをプレイしているけど、
GTAはちょっと雰囲気が違う。「あーこりゃZだな」って感じ。
日本語版はオリジナルに規制が加えられているようだけど、
それでもそう感じる。

全体的な話ではなくて、「そんな部分もある」ということだけど。
不愉快とはいわないけど、合わない人はいると思う。
「アサシンクリード」なんかはZ指定の必要はないと思える。

主人公の3人は、全員悪者。
同じ街で暮らす3人が出会い、いろいろと「仕事」をしていくらしい。

いまのところ、3人のうち2人しか動かせない。
好きなタイミングで操作キャラを変えられるシステムで、
これはなかなかいい。

このゲーム、登場人物は変な奴が多い。
多いというか、今のところ、まともな人はひとりもいないかも。
主人公のひとりである黒人青年の「フランクリン」は
一番まともに見えるけど、周囲にいる人が変人だらけなせいで
事件に巻きこまれていく。
ゲームのなかとはいえ、環境や人間関係は大事だよね、と
思わされる。

ごく簡単にいうと、スティーブン・セガールが出てくる映画で、
セガールに片付けられる悪党側を描いた話になっている。
街の小悪党を片付けたり、ちょっとした善人プレイもできるけど、
メインストーリーは犯罪の連続みたいだ。
そこにいるのはあくまでもヒーローではない。


ゲームの舞台になる「ロスサントス」はほんとに広い。
まだまだ一部分しか行けてないけど、やたら広いのを感じる。
大半の建物の中には入れないけど、街の描写はかなり細かい。
そこに自動車や人が大勢ウロウロしていて、
街としての現実感はかなりある。夕方や早朝の街は特に美しい。
海の描写も見事。

いったん街をブラブラし始めたら止められないかもしれない。

銃撃するときの照準がかなり見にくいので、
オプションで変更すると多少は見やすくなるかも。
車を運転するときの視点の高さも変えられる。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...