ゲームショウは「盛況」でいいのか
2013.09.26

今年のゲームショウが先日終わった。
PS4やXbox Oneが一般公開されたこともあって、
過去最高の来場者数だったそうだ。
4日間で27万197人。

来場者数についての各ネットメディアの記事を読むと、
「過去最高の来場者数で、とても盛況だった」という論調で
統一されている。

でもね、「盛況でした」という表現だけでいいのかな。
大混雑がイヤで、ここ数年はゲームショウに行っていないので
最近の実態はわからないけど、まともに試遊できない状況は
たぶん変わっていないと思う。
今年も、PS4のコーナーは一般公開初日の早い段階で
並んで待つこともできなくなったそうだ。

コンサートや舞台演劇、スポーツ観戦では、座席の数しか
チケットを売らないのが普通だ。それに対してゲームショウは、
座席数の何倍ものチケットを売って、来場者数を増やすことだけに
徹しているような感じがする。待ち時間がやたら長かったり
待つことさえできないのが普通なのがその証拠だ。
明らかに好ましい状況ではないと思う。

メディアが数字だけを取り上げて「盛況でした」というのも変だと
思っていたけど、メディア側の都合もあるのかもしれない。
ケチをつけて広告を取り下げられたり、今後の取材が不利になったら
死活問題だから。

もっとも、多くの人が混雑を感じるであろうゲームショウも、
「よかった」と感じている人が少なくないらしい。
私みたいなのが少数派なのかもしれない。
遠方に住んでいる人からすれば、ぜいたくな話だよね。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...