山内溥さん亡くなる
2013.09.19

任天堂の前の社長であり、現在の相談役である
山内溥さんが亡くなった。85歳。死因は肺炎だそうだ。

任天堂の歴史は古く、山内溥さんが初代社長ではない。
しかし、電子的な機械を使ったゲームメーカーとしての
任天堂は山内溥さんによってつくられたといっていい。

「ドンキーコング」、ゲーム&ウォッチ、ファミコンの
世界的ヒットがなければ今のゲーム業界がどうなっていたか
わからない。あたえた影響ははかりしれない。

山内さんは技術者ではないし、デザイナーでもない。
とはいえ、「目利き」としては一流だったのだと思う。
現代風にいえば名プロデューサーだ。
「ウルトラハンド」の開発経緯あたりがそれを物語る。

そんな任天堂も倒産の危機が何度かあったようだし、
うまくいかなかった事業もある。でもこれは普通のことだ。
海外の企業家の例を見ても、会社を複数回倒産させたり
自己破産を経験しつつも富豪になった人もいる。
「勝ちっぱなし」はそうそうできない。

任天堂の組織を維持しつつ次の社長にバトンを渡せたのは
幸運だけではなかっただろう。
長い社長業のなかには表沙汰にできない話もあるだろうけど、
各方面に大きな影響をあたえた人物であるのはまちがいない。

山内社長時代に築かれた有形無形の資産は
これからも任天堂を支えるだろう。
ご冥福をお祈りします。

任天堂
http://www.nintendo.co.jp/
現時点では今回の訃報についての告知はない


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...