オリンピック前に東京見物を
2013.09.08

2020年のオリンピックが東京で開催されるそうだ。
個人的にはどこで開催されるかは興味がなかったし、
東京でやるべきではないとさえ思っている。

とはいえ、日本人が行きやすい場所で
世界最大級のイベントが開催されるのは意味がある。

競技を直接観戦できるからではない。
直接(会場で)観られたら最高だけど、
どうせ人気競技やいい席のチケットは高価だし、入手困難だ。
大会関係者やスポンサーによっておさえられてしまう席も多い。

「イベントの雰囲気」を直接味わえるところに意味がある。
2002年、日韓共催でサッカーのワールドカップが開催された。
決勝戦は横浜で、試合の時間帯に現地に行ってみた。
当然、チケットは持ってない。

決勝戦のスタジアムは新横浜駅から歩いていけるところ。
駅からの道では非日常があった。
外国人が目立ったし、大声で歌を歌う韓国人の集団もいた。
(決勝戦はブラジルとドイツの対戦で、韓国は関係ない)

「テレビ観戦できます」とアピールする飲食店もあった。
そうした店は満席なので、露店で使う発電機でテレビの電源をとって、
屋外の広場で観戦している集団もいた。
昔の街頭テレビはこんな感じだったのかなと思った。

2020年のオリンピックでも、こうした非日常空間ができる。
競技を直接観られないとしても、こうした雰囲気を体感できるのは
開催地の国民のメリットだ。
チケットがなくても、試合会場近くに行く価値はあると思う。

非日常感をより強く感じるには、平常時を知っていたほうがいい。
開催まで時間があるので、それまでに東京を見物するとよさそうだ。
東京駅とか、国立競技場のあたりとか。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...