海外のWii U値下げは「為替の影響」
2013.08.29

アメリカとヨーロッパで、Wii Uが値下げされるそうだ。
日本でいう「プレミアムセット」のみ、50ドル値下げ。
現地時間の9月20日から。

これについて、ブルームバーグの記事では
任天堂の広報スタッフによるコメントが出ていた。
それによると、今回の値下げは「超円高時代に設定した
価格の再設定」とのこと。日本での価格変更の予定はない。

ブルームバーグの記事
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MS9OG86K50YM01.html
しばらくすると読めなくなるかもしれません

しばらく前までは、1ドルが80円台だった。
それが今では90円台後半。差が大きいのはたしかだ。

円とドルの関係が変わってきたことで、価格を変えた例では
アップルが上げられる。今年6月ごろ、iPadやmacbookの価格を
値上げしている。これも為替の影響。

会社の利益を円で計算するかドルで計算するかで
対応が変わってくるわけだ。

とはいえ、今回の任天堂の場合はWii Uの一部機種だけを
安くした。為替の変動も理由のひとつだろうけど、
ライバルへの対策としての意味のほうが強いかもしれない。


ついでに書いておくと、「ニンテンドー2DS」という機種も
発表されました。ニンテンドー3DSの新機種で、価格が安いぶん、
立体視機能がなかったり折りたためなかったりする。
これも発売予定は欧米のみで、日本は関係ない。

任天堂アメリカ法人のページ
http://www.nintendo.com/
日本の任天堂のページには今回の件は載っていません。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...